お灸で逆子を治す!

Pocket
LINEで送る

逆子(胎児位置異常)

お母さんのおなかのなかで、赤ちゃんは生まれるときは 頭を下にして出てこようとして

います。

これが 横 斜め 逆さま などになっている状態が、逆子です。

通常は出産が近づくと、頭が下になって落ち着きます。

逆子体操、助産婦さんの行うマッサージ、など逆子対策はいろいろありますが、

「お灸」も逆子対策として有効です。

先生によって使うツボは異なりますが、当院で行う逆子治療のつぼとしては

脾兪:ひゆ、腎兪:じんゆ、     (背中にあります)

三里:さんり、三陰交:さんいんこう、(膝下、内くるぶし近くにあります)

至陰:しいん、臨泣:りんきゅう、  (足の指先、足の甲にあります)

などです。

これらのツボに、ゴマ粒大のお灸を 3~5壮 一日おきくらいに 1~2週間 行いま

す。

直接のお灸が熱そうで怖いという方には、温灸、または隔物灸(皮膚ともぐさの間に何か

物をあてがい熱さを和らげるお灸)を行います。

お灸を始めると赤ちゃんが大きく動きはじめます。

時にはその場で逆子が治る事もありますし、治療した日の夜よく動いて、翌朝逆子が治っ

てた なんて事もあります。

お母さんの体にお灸をすえる事によって、赤ちゃんが自己回転を起こし 正常な位置にお

さまってくれます。

赤ちゃんはお母さんのおなかの中で、実によく動きます。

産婦人科の検診で「逆子」といわれても 次の検診では正常になってる事も

よくあります。

「確実に、逆子を治します」というものではありませんが、

いままでの経験から言うと おおむね 6~7割くらいの方が治っているようです。

あまり 早い時期に行っても意味が有りません。

妊娠後期になっても戻らない、ずーっと続いてる、何をやっても変わらない、

などの時には (あらかじめ 担当の先生、助産婦さん、とも相談のうえ)

当院にご相談ください。

なお 妊婦さんに負担をかけない姿勢での 腰痛、肩こり、等の施術も行っています。

(身体が楽になるので 出産予定日間近まで来院される方もたくさんいらっしゃいます)

そちらの施術もご希望の方は 予診の際にお申し付けください。

 

 

カテゴリー: news, ツボ療法, 健康, 東洋医学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>