「 痛風 」 ・・・ ほっておくと危険な病気 前篇 !!

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは !!

今回のテーマは 「 痛風 」 !

痛風と聞くと「ぎくっ」とする方も

多いのではないかと思います・・!

痛風は 「 尿酸 」というものによって

引き起こされる病です。

まずは 「 尿酸 」のお話から・・!

 

尿酸は 体内でできる 老廃物の一つです。

血液中に尿酸が多すぎるものを 「 高尿酸血症 」

といいます。

 

高尿酸血症の状態が続くと 尿酸が「結晶化」して

身体の色々なところに沈着して

様々な症状を引き起こします。

 

・ 腎障害  (尿酸の結晶が腎臓に沈着)

・ 痛風結節 (尿酸の結晶が皮膚のすぐ下に沈着)

・ 尿路結石 (尿中の尿酸が溶けにくくなり石をつくる)

・ 痛風発作 (尿酸の結晶が関節内に沈着)

 

血液中の尿酸の濃度を「尿酸値」といいますが

尿酸値が 7mg/dl をこえると「高尿酸血症」

と呼びます。

 

「高尿酸血症」は 高血圧、高脂血症、糖尿病、

などの生活習慣病や 慢性腎臓病(CKD)を

合併しやすいと云われています。

生活習慣病のベースには

メタボリックシンドロームと云われる

内臓脂肪型肥満の代謝異常がありますが、

高尿酸血症も全身の代謝異常の一つといえます。

高尿酸血症は これらの疾患と密接に関係し

動脈硬化を進行させ

心筋梗塞や脳卒中などを起こし易くさせている

と云われています。

 

尿酸は 一つの物質の名前で 「尿中の酸」では

有りません。

尿酸のうち 2割は食品から身体の中に

入ってきます (例のプリン体から作られます)

残りの 8割は体内でつくられるエネルギーの

燃えカス と 遺伝子が分解される時に出る

老廃物です。

 

痛風-5

 

できた尿酸は尿の中に排泄され、

合成される尿酸の量と、排泄される尿酸の量が

うまいこと バランスがとれている事により

体内の尿酸の量は常に一定に保たれています。

(これを「尿酸プール」と呼びます)

 

痛風-4

 

 

体内で尿酸が作られ過ぎたり、

不要な尿酸がうまく外に排泄されないなどにより

血液中の尿酸の濃度が高くなります。

「高尿酸血症」の始まりです・・・!

 

 

次に「 痛風 」 について・・!

 

痛風発作は「痛風関節炎」とも呼ばれ

ある日、突然、腫れと激痛を伴って起こります。

尿酸の結晶が関節内に沈着する事によっておきる

関節炎です。

足の親指の付け根に発症する事が多いのですが

足首、膝、肘、などに出現することもあります。

 

 

痛風-10

 

 

発作は 通常一度に1ヵ所だけで、

約1~2週間で治まりますが

原因である「高尿酸血症」を放っておくと

何度でも繰り返します。

 

痛風-9

 

 

尿酸値が 7mg/dl を超えた状態が続くと

血液に溶けきれなかった尿酸が結晶化して

関節に沈着します。

何らかのきっかけで沈着していた尿酸の結晶が

関節の中で剥がれ落ちると

それを排除しようとして白血球がかけつけ、

その結果 関節で炎症(痛風発作)がおきます。

 

 

痛風-12

 

高尿酸血症の人の尿酸は普段は

「積み木」のような状態で均衡を

保っています。

ストレス、激しい運動、急激な尿酸値の変動など

がきっかけとなり

積み木が崩れ落ち、痛風発作が出現します !!

 

痛風-7

 

 

「尿酸」と「痛風」について簡単に説明しましたが

おおまかにでも 理解して頂けたでしょうか・・!?

 

今回のテーマ、「痛風」は

若干 はなしが長くなるため

前編、後篇、と二部に分けて

掲載したいと思います。

後篇では 「痛風」に対しての

治療、予防、養生、などについて

解説していきたいと思います。

 

それでは皆様、後篇を お楽しみに・・・!

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: news, 健康, 東洋医学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>