コレステロールのおはなし・・・!

Pocket
LINEで送る

 

今回は 「 コレステロール 」の

おはなしです。

よく患者さんから コレステロールについての

相談を受けます。

何故コレステロールが高いと身体に

良くないのか、

そこらへんを わかり易く サクッと

はなしましょう。

 

コレステロールとは 血液に溶けている

脂肪のひとつです。

 

身体をつくっている細胞、ホルモン、

胆汁・・などの材料になる

大切な物質です。

 

ただし なにかの理由で

血液中のコレステロールの量が

増え過ぎると 問題を起こします。

コレステロールが血液中に増え過ぎて

問題を起こしている状態を

「 高コレステロール血症 」と

いいます。

 

高コレステロール血症-10

 

コレステロールが増え過ぎると

動脈硬化を促進します。

 

高コレステロール血症状ー8

 

そのため ‘‘ 悪者 ‘‘ のイメージが

強いのですが じつは 先ほど触れたように

細胞、ホルモン、胆汁(主成分の胆汁酸は

脂肪の消化、吸収、などに不可欠)、

などの材料となるなど

生命の維持に必要な重要な物質でも

あるのです。

 

つぎに 善玉、悪玉、について・・!

 

-5高コレステロール血症

 

コレステロールは血液中では

蛋白質の衣をまとった状態の 「 リポ蛋白 」

という 細かい粒子状になって存在しています。

 

リポ蛋白には

身体各部へコレステロールを供給するものと

身体各部からコレステロールを回収するものと

あい反する働きをする 二種類のものがあります。

 

供給するものが多ければ動脈硬化が進行しやすく、

回収するものが多ければ動脈硬化が進行しにくい、

といわれています。

 

供給するタイプのものを 「 悪玉コレステロール 」

回収するタイプのものを 「 善玉コレステロール 」

と呼ばれ、血液検査などの際には

 

「 悪玉 」 : LDLコレステロール

「 善玉 」 : HDLコレステロール

 

などとも呼ばれています。

 

-7高コレステロール血症

 

悪玉コレステロールが血液中に多い

状態が続くと

身体の中のいろいろな動脈に動脈硬化が起こり

 

(動脈:心臓から様々な栄養、酸素、などを

身体各部へ送る為の「行き」の血管、

これに対して静脈は「帰り」の血管)

 

しだいに内側が狭くなり血栓などで

詰まり易くなります。

 

ー3高コレステロール血症状

 

(血栓:血管を詰まらせる物を 栓子(Senshi)

といいますが 特に血液が固まってできた

栓子の事を 血栓(Kessen)といいます)

 

進行すると 全身の臓器に 酸素や栄養分が

充分に届かなくなり、細胞に問題を起こし

狭心症、心筋梗塞、脳梗塞・・・など

危険な病を引き起こし易くなります。

 

-4高コレステロール血症

 

(梗塞:血管に物がつまり、そこから先へ

血液が行かなくなり、酸素や栄養分が

供給されず、結果としてそこの組織が

局所的な死(壊死)を起こした物。

心臓や脳で発生すると

その部分は二度と再生しないと

いわれています)

 

さて コレステロールについて簡単に

書きましたが

なんとなくでも おわかりいただけたでしょうか??

 

最後になりますが、

健康診断の結果に出てくるコレステロール値、

こんな方は お気を付けください!!

 

総コレステロール   :  220mg/dl 以上

LDLコレステロール  :  140mg/dl 以上

HDLコレステロール  :   40mg/dl 未満

 

コレステロールの値が 上記に当てはまる場合は

食事療法、運動療法、薬による治療、などが

必要ですので

早めに 専門の医師を受診される事を

おすすめします !!!

 

ー6高コレステロール血症状

 

 

今回も最後まで ブログ 読んで頂き

ありがとうございました。

 

ようやく 朝,晩、は しのぎやすく

なってまいりました。

 

これから 数か月が 一年で

最も過ごし易い季節となります。

 

東洋医学を上手に利用して

健やかに 楽しく お過ごしください !!!

 

 

 

カテゴリー: news, 健康 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>