頭痛・・・自分でできるツボ療法!!

Pocket
LINEで送る

 

頭痛の原因はとても多く、人によって

じつにさまざまです。

首 肩のこり、寝不足、二日酔い、風邪、

疲労、ストレス、・・・

 

痛む場所や程度は 人によって異なりますが

今回は 「頭がなんとなく全体に痛む」 場合の

ツボによる対処の方法を記してみます!

 

「 印堂 : inndou 」

「 瘂門 : amon  」

「 太陽 : taiyou 」

「 合谷 : goukoku 」

「 足三里 : ashisanri 」

 

両眉のあいだの真ん中にあるツボが  「印堂」

このツボを指先で後頭部方向にゆっくりと

約10回くらい指圧します。

(どの指を使っても良いのですが

親指を立てた「グー」の形(イエイ~!!のかたち)で

親指のはらで押すのがやり易いですよ)

 

印堂

 

次に後頭部に手を回し、うなじの中央で

髪の生え際から約1センチ上がったところにある

「瘂門」 のツボを同様に10回くらい指圧します。

やや 前に倒した頭を 大きく広げた手指で

両側から頭を包むように抱えます。

この時親指は 「瘂門」 のツボを押さえ

他の四本の指は頭にかけ、空を仰ぎ見るように

ゆっくり頭を起こしていくと、うまいこと

ツボを押せます !

(肩の関節が硬く、肘をうまく広げにくい人は

両人差し指先で押しても 可です!

両手を、力を入れずに自然に開き

そのまま耳を塞ぐようなイメージで

人差し指先を 「瘂門」 のツボに当て

空を仰ぎ見るように ゆっくり頭を起こします

 

 

押し方亜門 

 

この二つのツボで 軽い頭痛なら楽になります!

 

まだ頭がすっきりしないようなら

「太陽」 のツボ。 眉の外側の端からやや後ろに、

ある窪んだ部分で「こめかみ」のやや下に

あります。

 

このツボは 眼病にも良く効くといわれており

毎日定期的に 「太陽」 のツボ押しを行っていると

老眼予防、近眼、老眼の改善・・に絶大な効果があります。

 

人差し指に中指を添えて 左右の 「太陽」 を

同時に (心地よいくらいの圧で) 指圧します。

 

印堂、太陽、

 

更にそれでも効かない時は

「合谷」、「足の三里」、を指圧してください。

楽になりますよ~!!

 

合谷取穴1

合谷

三里足の

 

今回紹介した 頭痛のツボ療法!

良く効きますのでつらい時にぜひお試しください。

 

ツボ療法は あくまでも手軽におこなえる

日常生活のなかでの養生法のひとつです。

眠気、吐き気、を伴うもの、長時間続くもの、

激しい痛み・・などの症状のある頭痛は

無理せず、専門の先生を受診してください。

 

ようやく春めいた良い季節になってきました。

この時期は、朝夕と日中の温度差がかなり有り

体調を崩す方もいらっしゃいます。

ツボ療法を上手に活用して

毎日 健やかにお過ごしください!!

 

今回も スタッフブログ 最後までお読み頂き

ありがとうございました !!!

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: news, ツボ療法, 健康, 東洋医学, 美容 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>