東洋医学の基本 気、血、水・・・???

Pocket
LINEで送る

 

今回のおはなしは・・『東洋医学』!

 

東洋医学の考え方・・とてつもなく複雑でややこしい!

のですが 一般の方にもわかるように

すご~く ざっくりと記してみたいと思います。

 

東洋医学を考える時に大切な3つの要素!

「気」 「血」 「水」

気、血、水、の3つの要素が互いに助け合い

スムーズに循環している状態が

東洋医学でいうところの理想的な身体状態です。

 

-2気血水

では 気、血、水、を簡単に説明してみましょう。

 

気 [ki]

元気、陽気、活気、眠気、など気の付く言葉は

たくさんあります。

元気は生命活動の根本の気で原動力です。

 

血 [ketsu]

そのものずばり血液!全身に栄養と酸素を運びます。

「気めぐれば血めぐる」といわれ 気が動く事により

血液循環がおこなわれます。

 

水 [sui]

唾液、胃液,腸液、涙、汗、尿、・・

など体内を満たしている血液以外の水分です。

臓器、組織、皮膚、粘膜、などを潤わせ養います。

 

身体の中で働きが弱まった部分が生じて

「気」「血」「水」のうち一つの要素でも

異常が発生すると、他の要素全体に悪影響を

及ぼします。 その結果身体全体のバランスが

くずれます。

 

「気候の変化」「精神、感情の乱れ」「日常生活の

不摂生」などの「病気の原因」は、まず「気」の働きを

弱まらせ、その活動を停滞させます。

 

「気」が足りない状態を 「気虚:kikyo」 といいます。

 

様々な不快症状は「気虚」から始まり

「血」「水」の不足、停滞を招きます。

 

このことから、「気」の流れをコントロールし

整える事が出来れば、身体のアンバランス回復が

出来ると考え、体系化されたのが『東洋医学』です。

 

「気」の状態はツボにあらわれます。

ツボは「気」の出入り口とされ「気」の状態が

よくあらわれます。

 

つまり、ツボに「圧痛」「コリ」・・等が

あらわれた時には、何らかの原因で「気」が

乱れ、身体のどこかの組織、器官に不調が

生じているとみることができます。

 

このツボと、内臓・器官とを結んでいるのが

「経絡:keiraku」と呼ばれるものです。

 

経絡は主なもので14系統あり、それぞれ

「胃のライン」「肝のライン」「腎のライン」・・

というように、固有の臓器とつながっています。

 

ツボをケアする→「気」を整える→治癒力アップ!!

身体のどこかに異常がおきると 必ず経絡に

反映します。

ツボ療法は ツボと経絡を診る事によって

身体の状態を知り、ツボに刺激を与える事で

経絡を巡る「気」の流れを整えるものです。

 

ツボをケアすること! それは「気」を整え

身体のバランスを回復するための 「治癒力」を

高めることになるのです。

 

 

気血水

 

すご~く簡略した「気」「血」「水」の話でした。

おわかりいただけたでしょうか。

東洋医学の世界のほんの一部を記しましたが

折りに触れ、色々な事をおはなししていきたいと

おもいます。

 

今回も 湘南針灸接骨院ブログ お読み頂き

ありがとうございました。

どうぞ「東洋医学 ツボ療法」を上手に活用して

健やかにお過ごしください!!!

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: news, ツボ療法, 健康, 東洋医学, 美容 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>