オスグッド シュラッター病(Osgood-Schlatter syndrome)

Pocket
LINEで送る

元気な子供に起こる膝下部の痛み。

症状としては 長時間の歩行時痛、運動時痛、正座で痛む、などです。

小学校高学年~中学校生位のよく運動をする 男子に多く しばしば両側に出現します。

原因としては「脛骨粗面の骨化機転の障害」と言われています、

膝のお皿の骨の下数センチの部分に硬い骨の出っ張り(脛骨粗面)があります。ここが腫

れてきて痛みます。

脛骨粗面には大腿四頭筋という 腿の前側にある 強大な筋肉が停止します。

大腿四頭筋が 子供のまだ未骨化の部分を常に引っ張り上げようとし炎症、膨隆、などを

おこします。

関節の機能障害や歩行障害などは起こしません。

治療としては 安静、温湿布(熱をもって痛みの強い時は冷却)数週間にわたり屈曲姿位

での、固定などをおこないます。

今はオスグッド用のサポーターなども 市販されています。

大人(二十歳位)になると 自然治癒しますが、脛骨粗面部の膨隆は若干残るようです。

膝模型2オスグッド

 

カテゴリー: 健康 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>