肘内障について

Pocket
LINEで送る

小さいお子さん(2~4歳くらい)の「肘が抜けた」っていう、あれです。

専門的に定義すると 「橈骨頭の輪状靭帯外亜脱臼」となります。

小さい子供さんと手をつないでて何か危ない時に、親御さんがとっさに子供さんの手を

引っ張り上げます。

その時、子供の橈骨の頭(前腕にある二本の骨のうち、親指側にある骨)が肘の部分で

輪っか状に押さえてる 輪状靭帯から少しすっぽ抜けた状態となります。

これが いわゆる「肘内障」です。

子供は痛めたほうの腕を動かさず、泣きじゃくります。

専門の先生を受診されると、多くの場合はその場ですぐ治ります。

度々おこされる子供さんもいますが、小学生に上がる頃には、橈骨頭もしっかりしてきて

起きなくなる事が殆どです。

多くの場合、整復(外れた骨を元の位置に戻す事)後は 泣き止み、患側の手を挙げ、

使い始めます。

転んだり、友達と遊んだりしてる際に 何かのはずみで起こす事も あります。

もし、小さなお子さんが 片方の手を動かさずに肘を軽く曲げて、体幹部にくっつけて

いるような事があれば、肘内障を起こしてる事もあります。  まずは専門の先生を受診

してください。

 

肘内障2

カテゴリー: 健康, 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>