I ・ C ・ E ・ とは、、、(捻挫の時の応急処置)

Pocket
LINEで送る

けがをした時の炎症(腫れ)を最小限にする為の処置

 

ICE : 冷やす

COMPRESSION : 圧迫する

ELEVATION : 患部を高く上げる

 

冷却、圧迫,挙上、 この処置のイニシャルをとって

I  C E ! の3原則。

(これに REST-安静 を加えて R I C E  の4原則という時もあります)

 

ICE : 氷、水、アイスパック、コールドスプレー、などを使い

患部を冷やします。受傷後なるべく速やかに行ってください。

COMPRESSION  : 患部を弾力包帯等で圧迫し、内出血を抑えます。

ELEVATION : 患部を心臓より高く上げて血流を良くし、患部の

腫脹を防ぎます。

 

方法としては、30分冷やし、10分休息、再び30分冷やします。

その後1時間のうちに20分間冷やし、これを2~3回繰り返します。

受傷後 48~72時間は 午前一回、午後一回と一日二回冷やします。

 

* 炎症とは、過剰な刺激や病的な刺激に対する生体の組織反応であり、

その症状としては 発赤、腫脹、疼痛、発熱、機能障害、などがあります。

 

I・ C・ E   について書きましたが、怪我の状態、程度、部位、などに

よってその方法が異なりますが 大まかな目安としては

冷却 については受傷直後から数日間行います。

圧迫については数日から数週間行います。

I・C・E を行うと 怪我の回復がとても速くなります。

詳しくは当院にお問い合わせください。

膝模型1膝模型2

 

 

 

 

 

カテゴリー: news, スポーツ外傷, 健康 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>