ストレスによる頭痛 – 自分で出来るツボ療法

Pocket
LINEで送る

ストレスの多い職場、営業、会議、書類作成、接待、などなど

ストレスによる頭痛を訴えるサラリーマンの方がずいぶんいらっしゃいます。

忙しい仕事の最中に起きる ストレス性の頭痛にその場で対処するツボを

紹介します。

 

合谷:ごうこく、 手の甲側 親指と人差し指の骨の上を手首の方になぞっていくと

両方の骨のぶつかるところの手前の窪み。

 

崑崙:こんろん、 外くるぶしの後ろ側で アキレス腱とのあいだに

できる窪み。

 

合谷のツボは 反対側の手の親指と人差し指ではさむようにして軽く

押しながらもんで下さい。コツとしては合谷のツボを やや人差し指の

骨(中手骨:ちゅうしゅこつ)の方よりにもみます。

崑崙は椅子に座った状態で 足を爪先立ちの形にして、同じ側の親指と人差し指で

アキレス腱をつまむような形で軽く指圧してください。

コツとしては外くるぶしの後ろ下方方向へ押すと良いでしょう。

いずれのツボも 軽く、ゆっくりと心地よいくらいの圧で 指圧刺激

してください。

ストレスのかかる仕事の前などに、ゆっくりと深呼吸などしながら指圧してください。

きっと効果がありますよ!

合谷4合谷取穴1

崑崙3取穴崑崙2

 

カテゴリー: news, ツボ療法, 健康, 東洋医学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>