モルトン病 (Morton病)について

Pocket
LINEで送る

長時間の歩行後などに 急に発作的に 足の甲の部分(第3及び第4中足骨頭部)に激痛

を起こし、時に足先まで痛みが放散します。

靴を脱いで休めば楽になります。

原因は「足底神経の足指への知覚枝が中足骨骨頭間で圧迫刺激される為、、、中足骨頭間

を結ぶ深横中足靭帯の抹消縁での圧迫刺激による為、、、」などといわれています。

要するに 足の甲を足指方向に走っている神経が 骨、靭帯、などにより押さえつけられ

て痛むという病いです。

時に神経の一部が肥厚(ひこう)することもあります。

絞扼神経障害(こうやくしんけいしょうがい:entrapment neuropathy、  神経が罠に

はまった様に押さえつけられて起こる 神経の様々な障害)の一種といわれています。

治療としては 足底挿入板の使用、鍼灸治療、などが有効です。

得に注意してほしい点が、ハイヒール、つま先の細い靴は 厳禁です。

男性より女性に多いといわれています。

鍼治療はモルトン病にかなり有効です。

ご相談 随時受け付けております。

モルトン2 モルトン1JPG

カテゴリー: news, 健康, 東洋医学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>